肩凝りがひどくて困っていませんか?それ体のゆがみが原因かも

受験勉強をしている人や一日中パソコンに向かっている人は、首や肩がパンパンに凝りがちですよね。

 

途中で休憩して首を回したり肩を回しても、なかなか調子が良くならない人も多いのではないでしょうか?

 

人間の頭は、成人の場合約5kg前後あると言われています。

 

その頭を細い首で支えるのですが、まっすぐ立って全身で支えるのであれば、首だけでなく、肩、や背骨、腰にかけて全身で支えられるので、それほど負担にはなりません。

 

ところが座った状態、特に真剣になって前のめりになった姿勢だと、知らぬ間に猫背になります。
それで首から肩にかかる筋肉に重い負担がかかってしまうのです。

 

 

また、左右のゆがみに関しても同じことが言えます。

 

足を組むクセがある場合、1日何時間、それが1週間〜1か月と、長い時間をかけて徐々に骨盤のゆがみにつながります。

 

まずは足を組むことをやめてみましょう。

 

 

また、ストレッチに良い方法として、床の上に仰向けに寝る方法があります。

 

誰かがそばにいれば、体がまっすぐになっているかを見てもらいましょう。

 

自分ではまっすぐのつもりでも、意外と体が曲がっていたり、首がどちらかに傾いていたりするものです。

 

 

仰向けにまっすぐ寝たならば、両手を頭の上で組み、つま先を伸ばして手と足で引っ張り合います。

 

こうしているだけでも気持ちが良くなりますが、今度は両手を開いて肩を床につけるようにすると、丸まっていた背中がまっすぐ伸ばされ、ちょっと痛いくらいになります。

 

初めは無理をせず、毎日少しずつ肩を開くようにしていくと、猫背が改善されていきます。

 

 

あとは日常生活の中で、なるべく鏡の前に立つ習慣をつけると良いでしょう。

 

姿勢をチェックし、自分の身体のゆがみに気づくことから始めてみましょう。